読書感想

戦う姿勢が好きな人間に進める本。「努力の選び方」(井上裕之)

2016/02/21

自分に似たタイプの作家の本を持つのがよい、と前に書いた。
井上裕之さん著の「努力の選び方」は、
正義を重んじる、戦って勝つのを由とする人が書いた本だな。という印象を強く持った。
力があり、人を引っ張っていくひとが書いた本だ。

とにかく何かひとつでも勝てるように準備します。
背伸びしなければ成長なんてできっこないのです。
大物を食えたら、さらなる大物を求め、高いステージを求めます。

とか、

結果を出すことでしか、満足した仕事人生を生きることは出来ません。
私は、投資した分「絶対に成功しなければならない」、というエネルギーに変換して結果を出し続けたのです。

とか、とにかく熱い。人生を燃焼したい人に。

そのような気質のひと(エニアグラムタイプ8番)、または、そのような性格を目指すと好転する知識を重んじるひと(エニアグラムタイプ5番)におすすめする。

エニアグラムで、自分のタイプをみてみたいかたはこちら

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-読書感想

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...