エニアグラム 読書感想

アイデアを具現化するアイデア。 (フリーランスのための一生仕事に困らない本)

フリーランスのための一生仕事に困らない本 を読みました。

創意工夫をするには、まず創意工夫の仕方を教えてくれる人が、必ず必要になります。
この著者は、それができる人です。

やることはシンプルです。書きだした強みを2つ以上かけあわせる。それだけです。

たとえば、世にプログラマーはたくさんいて、その中で私がプログラマーとして生き残るのは大変です。
ただ、私が他の得意なものと2つ以上かけあわせると、
・講師ができるプログラマー
・ソーシャルダンスに詳しいプログラマー
・栄養学に詳しいプログラマー
・アドラー心理学に詳しいプログラマー
となって、その狭い分野では、他のプログラマーより強みを活かすことが出来ます。
ない分野で仕事をすることは不安だらけですが、自分で仕事を作っていることの楽しみも同時に与えられます。

フリーランスとはそもそも不安定なのです。紹介した本は、不安の中でも物事の明るい面を見ようという思考で貫かれています。
著者自身も、自分の強みを活かして仕事をしていると感じます。

みうらじゅん先生とともに、この著者もエニアグラムのタイプ7番だと受け取れます。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-エニアグラム, 読書感想

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...