アドラー心理学 心理学

【3分で読むアドラー心理学】相互尊敬・相互信頼には覚悟が必要です


★★「月曜ELM」開催しています。★★

ヒューマン・ギルド認定の講座。
困難を克服するための活力を得る技術を学びます。
学びの効果が1週間継続するしくみをたくさん用意しています。

毎週月曜7:30~8:30

詳しくはこちらから


★★イベントのお知らせ★★
Love Movie Plus:恋愛映画で学ぶアドラー心理学トークセッション
https://www.facebook.com/events/1258459360891198/
2017/2/11 13:00~
ブリジットジョーンズの日記を鑑賞し、
映画の登場人物をアドラー心理学的に解説します。
聞いているだけで、恋愛に必要な自信を得られるトークセッションを行う予定です。


相互尊敬・相互信頼の意味

アドラー心理学では「勇気づけ」が最重要テーマです。
その勇気づけをするには、言葉だけではなく、
「相互尊敬・相互信頼」の態度が必要だと教わります。

相互尊敬とは、文字通り、お互いを尊敬しあうことです。
相互信頼とは、条件を付けることなくお互いを信頼しあうことです。

相互尊敬・相互信頼というと、優しいフレンドリーな印象を持ちませんか。
私はそう思っていました。
「相手を尊敬しましょうね。信頼しましょうね。」
と言う人は、なんでも許してくれそうな印象です。

たしかに、優しさは必要です。
優しい態度が、お互いの精神的な拠り所を作ります。
優しく接してもらうことで、「ここにいてもいいんだ」
と感じられます。
優しい雰囲気は、精神の健康上、大事です。

相互尊敬・相互信頼の厳しい面

しかし、相互尊敬・相互信頼という言葉は、もうひとつの厳しい面も持っています。
例えば、親が子に接するとき。
相手を信頼しているからこそ、一度約束したことは、必ず守ってもらいます。
また、お願いされるまでは、困っていても手を貸すことはしません。
アドラー心理学では、どんな人でも人生は自分で決められるはずだと考えます。
だからこそ相手は自分で決めた約束が守れるものと信じて、また相手を尊重して、甘やかしません。
非常に厳しい態度です。
こんな厳しさも、相互尊敬・相互信頼です。

「厳しい人と話すのは、楽しくないからいやだな」と思うでしょうか。
ときに、厳しいほうが嬉しいときもあります。
何かの資格に合格したときに、「すごいね!」と言われるよりも、
「あなたぐらいの人なら、それくらい受かって当然でしょう」
と言われたらどうでしょうか。
その人は、自分のことを、さらに出来るはずだと思って見てくれているのです。
このほうが、わたしには嬉しいです。

相互尊敬・相互信頼は、お互いに覚悟が必要

子供に約束を強制する親も、ただ厳しくしていればいいのではありません。
より高いハードルが課せられます。
裏切られても、相手を信じ続けるという態度が要求されます。
約束を破られても、裏切られても、どうあってもまたチャンスを上げるということです。
それが信頼とよべるものです。

正直にいうと、それは私には難しいです。
すべての人に、裏切られても変わらない態度で付き合うことはできません。
だから、家の外では、「なるべく」相互尊敬・相互信頼。
それでいいのだと思っています。
家族に対しては、相互尊敬・相互信頼の態度でいられるよう、挑戦していきたいです。

自分の居場所を作ってくれている人には、相互尊敬・相互信頼の態度を示したいですね。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-アドラー心理学, 心理学

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...