IT 勉強法・ノウハウ

講義形式では一番大事なものが伝わらないことについて

現在の、私の教えるスタイルは丸くなった。
今スクールで伝えていることは、次のようなことだ。
・プログラミングは、フォトショップやイラストレーターと比べて、スキルの習得に10倍の時間コストが必要。
・だから、あらかじめ駄作をどんどん作っておかないと、いきなり卒業制作となっても太刀打ちできない。
・ポートフォリオに卒業制作と中間制作の2つでは、成果物が少なすぎる。だから小品をたくさん作ろう。
・卒業制作前に、駄作でもいいので作品を作りあげる体験をしておくこと。そうすると後半慌てなくてすむから、楽しい制作ができる。
・卒業制作を出すことを目標とするのではなく、濃密で充実した時間を過ごすことを目標とすること。

要は、「目線を少し高くして、フットワーク軽く、作り続けるスタイルを作って欲しい」というものだ。
このメッセージを、アホかというくらい、毎回、しつこく繰り返して授業の冒頭で伝える。
しかし、なかなか実現できていないようだ。
はなから参考にする気がないのか、やりようが分からないのか。

実は、卒業制作として上がってくる作品レベルの作品は、20時間くらい集中したらできてしまう。
殆どの生徒は、その20時間以上の集中する時間を作れず、他の時間を雑念に邪魔されているのだ。
だからその集中を確保する方法として、「21時間理論」という本も書いた。
このメッセージも、あまり届いていないようだ。

講義の形式で先生からきいたアドバイスを、自分ごとのように聞けるのは、才能の一つだと行っていいと思う。
そういえば、大人の塾に通っていたときも、自分を含めて、なかなか実現できている人はいなかった。

しかし、それだと希望がないので(笑)、私も教える形を変えていこうと思う。

まともに話を聞いてもらうには、やはり、マンツーマンの形式でないと耳に入らないらしい。
今度からは、対面の時間を入れさせてもらおうと考えている。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-IT, 勉強法・ノウハウ

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...