お知らせ

男同士ということ

男は、男の友達を作るのが難しいはずだ。
「はずだ」というのは、自分を基準にしているからなんだけど、
他の人を観察していても、多分そうなんだろうと思える。

たとえば、待ち合わせであった時や、別れ際に、
男同士で手を振るのは気恥ずかしい。
相手が女性ならもう少し遠慮がなく手を振れる気がする。
長い付き合いでも、「どうも」とか言ってみたりする。

男同士だと、距離感を簡単に縮められない。
相手のプライドを尊重して、尊重しすぎているからだろう。
距離感を縮めようとして、話をよく聴こうとしたり、お礼のメールを書いてみたりする。
うん、遠回りだね。

ある先輩は、年長者の男性と親しくなるのが上手だ。
その人にコツを聞いたこともある。
「初対面で、一気に距離を縮めるのが仲良くなるコツだよ」
ということを教えてくれた。
これではどうしていいか分からなかった。
自分自身が、いきなり距離を縮めてくる男性を蹴散らしてきたからだ。
本当は、出会って手を振りあったり、嬉しさを表現して遠慮なくしゃべったりするのがいいんだろうね。

今日と明日は、一日プログラミングをします。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-お知らせ

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...