お知らせ

面白がれているかどうか

大学の時は法律と経済を勉強するようなところだった。
僕は「雨が降ったら学校はお休みにする」というルールを持っていて、
あまり学校に行かない不真面目な生徒だった。
それでも、晴れたら学校に行くのだった。

当時の僕は、作曲をするためのYAMAHAのモバイルシーケンサーを持ち歩いていた。
学校で、なんとなく仲良くしていたグループに見せたとき、
「そんなに役に立たないものを持ってどうするのだ」
と言われた。
そのグループには、面白がってくれる人はいなかった。
それ以来、そのグループと付き合うのをやめた。
上手な距離感で付き合えなかったのは、自分の社交の下手さもある。
しかし、一番に感じていたのは、一緒にいてもつまらなかったのだ。

アドラー心理学では、「共感すること」を大事なコミュニケーションスキルと捉えている。
この、共感するという能力のなかでも、人と仲良くなるうえで大切なのは、
その人に興味を持って接しているかということだ。
好奇心の表現が、相手に対する尊敬する気持ちの表れだ。

たとえば糸井重里さんの一番の才能は、「人のことをおもしろがれること」だと思うし、ご自身でもそう語っている。
糸井さんは、仕事をしながら、たくさんの本、マンガ・映画・ライブに触れている。twitterでも知らない人のツイートを積極的に見ている。
糸井さんの魅力は、他人に興味をもっているところから湧いていると思う。

僕が心理学を学んでよかったと思えることは、
人は誰でも興味深いストーリーを持っているということだ。
面白くない人はいない。
例外はないのだ。

一人で映像撮影をしたり、講師をしたり、DJをしたりとマルチに活躍する友人がいる。役者になったり、ベースを弾いたりもする。お祭りにも参加する。
過剰な好奇心というものは、それだけでも分かりやすくて面白い。
しかし、分かりにくい面白さをにも、その面白さを拾えるアンテナを持っていたい。
そして、分かりにくい面白さを発見して、笑顔で「変態ですね」と賛辞を送れる人でありたいと思うのだ。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-お知らせ

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...