日々の出来事

ひと手間がご縁を作る。

株式会社ヒューマン・コメディーの三宅晶子さんから、手書きで丁寧な手紙をいただいた。
知り合って間もない方からこんなことをされたら、いっぺんにファンになってしまう。
そこには、イラスト付きで森信三さんの言葉も書いてあった。

今年は心理学方面と行政書士方面でたくさんの出会いがある。
そのうちの何人かは、私のことを覚えていてくれているだろう。
しかし私のファンになった人がいるかというと、いないだろうな。

ホリエモンこと堀江貴文さんは、あまりにも世間からみた自分の印象が悪すぎることを
危惧して(それだけじゃないだろうけど)、「ゼロ」という本を出版した。
とても良い本だった。

何もしないでいい印象をえられることはない。

仕事をしながら手書きの手紙を書いて、郵便ポストに入れるのは手間と時間がかかる。
だから感動があった。
三宅さんはミッションを通して他にもお手紙を書く相手がいらっしゃるようだけど、
それでも手書きは大変だ。

今の私は、何もせずに良く思われようとしている。
これは、汚い身なりのまんまで、女性に出会いを求める青年と同じではないか。

ものぐさではファンはできないことを、教えていただきました。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-日々の出来事
-

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...