日々の出来事

ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜

先週末、「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」を観てきました。

二宮和也さん演じる主人公佐々木充は、アドラー心理学のライフスタイルで解釈すると、ドライバー+コントローラー。

完璧主義の人が、人生を再解釈し、所属感を得ることで視野が広がり成長を遂げるという話。

良い話だった。引き込まれた。

本当は、完璧主義者のそばには楊晴明のような楽天的な人間がいると、明るい見方を学んでいけるので良いように思います。

この映画は最初から最後まで料理が美しい。何か食べ物なしでは観られない!ポップコーンがあってよかった。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-日々の出来事

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...