個人事業主の法務、IT、お金、メンタル力について坂本倫朗が毎日更新するMEIMEI(メイメイ)。

MEIMEI | ひとりビジネスのアイデア箱

心理学

心に残るコピーが、救いになる。

更新日:

広告

糸井重里さんが、今後の糸井重里事務所・ほぼ日刊イトイ新聞の企業方針として、「夢に手足を。」という言葉を打ち出しました。企業コピーであり、会社のミッションステートメントであり、個々人の日々の仕事に対する希望の言葉でもあります。

複数の人間が共同で動いていくには、複数の思いをまとめ上げた言葉が必要だと思います。

私のように、どちらかというと感情よりロジックを重視する人にとっては、理論の破綻がないことが救いにつながるように思えます。しかし、矛盾が存在しないような理論を手にすることに、ゴールはありません。

救いは理論にはなく、適切な行動と、良好な健康状態のなかにあります。

そこまでつれていくための理論は、なんでもいいのです。

心に残るコピーも、適切な行動と、良好な健康状態を呼び込みます。

アドラー心理学も、「今、ここ」以上の優れたコピーがたくさんできるといいですね。

広告

広告

よく読まれている記事

1

目次「内向型人間のすごい力」の本気質、性格、人格についての定義種類とその語源 「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が ...

2

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる基本原則は、あらゆる問題を、誰かのせいにすることをやめることを促します。それによって、心に自主性を取り戻すことを促してい ...

3

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきました。 名前、つまり愛したい人の手がかりをなくしてしまうもどかしさ、切なさというのは、始めて味わいました。 私は「言の葉の ...

-心理学

Copyright© MEIMEI | ひとりビジネスのアイデア箱 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.