アドラー心理学 心理学

アドラー心理学入門は、まだ夜明け前のイメージがする本

2016/03/02

100分de名著からの流れで、アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)(岸見一郎著)を読みました。
100分de名著にはなかったアドラー心理学の基礎理論(4章)は、目的論の起源をギリシャの思想に求め、 ハイレベルな学問研究でした。
書かれたのが1999年であり、また、新書ということで知的レベルの高いものを、という意図だからだったかもしれないですが、非常に学術的です。
のちに平易な文章で展開される「嫌われる勇気」の、序章という印象をうけました。
同様の内容を平易に理解したい人にとっては、改めてアドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著) をおすすめします。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-アドラー心理学, 心理学

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...