お知らせ

「光圀爆花」で役者の大人力をみる

キミトジャグジー劇団員の坂本です。
キミトジャグジーの第20回公演「光圀爆花」に行ってきました。
「全員がそれぞれに心に傷を負って、寂しく悲しい」というストーリーは、
役者がどこまで悲しみを表現できるかが非常に難しいお話でした。
元気な悲しみが、役者たちから溢れています。

今回も私の名をスタッフクレジットに名前を入れていただきました。
光栄です。ありがとうございます。
mito

image

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-お知らせ

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...