心理学

シンプルな原則をもつから、人は楽観的になれる

2016/02/16

認知行動療法の勉強をしました。
認知行動療法のカウンセリングにおいては、機能分析というものと、スキーマ分析というものが必要で、
機能分析というのは、その人を取り巻く環境や他人との関係性を調べることで、スキーマ分析というのは、その人の認知を調べるのだそうだ。

その分野の方々には、ごめんなさいですが、直感的に、この分析方法では不幸になると感じます。
理由は、理論が複雑すぎるからです。
理論というより、価値観がうまくないように思います。
「人の心と世の中は、簡単では説明できない」という価値観は、それだけで世の中を悲観的にみせ、活力を奪います。

臨床心理であれば、クライアントが安心立命を得るのがカウンセリングの最終的な目的です。
この方法論では、結果的に難しい理屈でクライアントを煙に巻くことになるのではないか。
そうやってしまっているケースがあるのではないかと考えます。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-心理学

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...