個人事業主の法務、IT、お金、メンタル力について坂本倫朗が毎日更新するMEIMEI(メイメイ)。

MEIMEI | ひとりビジネスのアイデア箱

アドラー心理学 心理学 脳科学

人は本来、3つのライフタスクに対処する十分なエネルギーと勇気を持っている

投稿日:

広告

アドラー心理学では、人生で取り組むべきライフタスク(課題)を3つに分けています。
その3つとは、

・仕事
・交友
・愛

です。愛には、伴侶だけでなく、家族との交流も含まれます。

では、3つのうち、どれが一番むずかしい課題でしょうか?

仕事のタスク?
残念ながら違います。愛のタスクです。

仕事のタスクも大変な課題ですが、仕事は変えることが出来ます。
仕事を変えないまでも、関係性が愛のタスクに比べて浅い分、関係改善の可能性が高いのです。
(愛のタスクに比べて、ね。)

愛のタスクは相手を代えることは基本的にはありません。
そして、悪化した関係を変えることが難しいのです。

3つともなかなかに大変な課題ですが、アドラー心理学では
自分自身を勇気づけ、「これからどうするか」に焦点を絞ってライフタスクに取り組むことで、充分に対処可能であると考えられています。
そう行って励ましているんですね。

ちなみに私自信は、栄養不足の状態で、落ち着いてよく考えることは難しいと考えています。
ビタミン不足、プロテイン不足では力も湧きません。
この考えは分子栄養学の考えから大きく影響を受けていますが、この話はまた他の日に。

勇気づけ+体の健康の二つが自転車の両輪のように自分を駆動させるのです。

広告

広告

よく読まれている記事

1

目次「内向型人間のすごい力」の本気質、性格、人格についての定義種類とその語源 「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が ...

2

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる基本原則は、あらゆる問題を、誰かのせいにすることをやめることを促します。それによって、心に自主性を取り戻すことを促してい ...

3

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきました。 名前、つまり愛したい人の手がかりをなくしてしまうもどかしさ、切なさというのは、始めて味わいました。 私は「言の葉の ...

-アドラー心理学, 心理学, 脳科学

Copyright© MEIMEI | ひとりビジネスのアイデア箱 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.