セミナーのお知らせ

【アドラー流:締め切りに負けない自分に変わる方法】

予約は締め切りました。ありがとうございます。

東京都新宿 2016年11月19日(土) 13:00〜14:50

alfred_adler_1870-1937_austrian_psychiatrist
このセミナーは、次の方のために開催するものです。
・仕事に追われて苦しい人。
・職場での自分に価値がないように思える人
・楽に働くヒントがほしい人。

私はフリーのウェブデザイナー・プログラマーとして生きてきました。
それなりに信頼を得て12年続けてくることができました。
しかし、私は告白します。
私の心は常に「締め切りのプレッシャー」に支配されてきたのです。
締め切りに負けて生きてきた12年間だったのです。

大人になった私は、理解しています。
もし、私が締め切りを守れないことになれば、いろんな人が迷惑することを。
チームが迷惑するだけではありません。
会社の人、社外の人、お客さんのみんなが困ります。
私が「ごめんなさい」するだけでなく、謝罪の連鎖が起こります。
いろんな人の仕事を楽しくないものにしてしまうのです。
自分以外の人の信用問題に発展します。

しかし、締め切りはつらい…。
締め切りに合わせて休みなく仕事に向かうのは、自由の放棄のように感じられていました。
フルコミットしなければ間に合わないようなときは、
家族と過ごす時間を削り、
友人と語る時間を削ります。
自分の将来に対する学習時間を削り、
趣味の時間も削ります。
それは、犠牲としては大きすぎる気がしていたのです。

私は改めてアドラー心理学を学び、自分の仕事を見つめなおしました。
すると、かなり不自由に思えていた仕事の中に、
大きな選択の自由があることに気が付いたのです。

アドラー心理学が教えてくれるのは、納期のプレッシャーに負けない強い心の持ちようだけではありません。
冷静でいられる時間も増えて、その分だけ時間に余裕が生まれることになりました。
また、たとえ後悔するような事態になっても、
その学びをどのように仕事に生かすかを選択できるようになりました。
仕事にスタイルを作れるようになったのです。

講座で学べる内容(一部を紹介)

ojs_sekitokokuban_tp_v

  • アドラー心理学の基礎
  • 仕事の心理的負担を減らすテクニック
  • 仕事のタスクに対する勇気づけ
  • 脳科学的なアプローチ(坂本流「全体論」)
  • 創作活動についての考え方

開催場所

東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステートメナー913号室

  • JR山手線 新宿駅から徒歩5分
  • JR中央・総武線 代々木駅から徒歩5分
  • JR中央線(快速) 新宿駅から徒歩5分
  • JR埼京線 新宿駅から徒歩5分
  • JR山手線 代々木駅から徒歩5分

お持ちいただくもの

筆記用具のみお持ちください。

参加費

8,000円(税込)

定員

8名

お支払い方法

お振り込みにてお支払いをお願いいたします。
お申し込み後の確認メールに記載されている振込先へ
確認メール受領後,3営業日以内にお振り込みいただくようお願いいたします。

キャンセルについて

※キャンセル料は以下のとおりとなっております。
~4日前:50%
3日前〜前日:80%
当日:100%(ご連絡なく不参加の場合も含みます)

お申込の流れ

1 下記のフォームにお名前,メールアドレス,電話番号等の入力を
お願いいたします。
自動返信にて確認メールをお送りします。
※会場の都合上,定員になった場合は申込を締め切らせていただきます。
2 確認メールに記載された振込先へお振り込みをお願いします。
3 お支払いを確認後、正式な受付完了メールをお送りします。

お問い合わせ先

セミナーについてのお問い合わせは、こちらのフォームをご利用ください。
(「題名」で「セミナーについてのお問い合わせ」と記載してください)
※お問い合わせに関しては可能な限り即答いたしますが、回答と前後して定員になってしまうこともあることをご了承ください。
お問い合わせリンク

2016/11/17