28/44ページ

28/44ページ

ゲームから楽しさを考える

昨日の話の続きです。 人が興味を持てるようには、次の5つの条件が必要なんじゃないかって話の続きを書きます。 性格にあっていること レベルがあっていること それまでに経験の積み重ねがあること 実際にやってみていること 自分で応用方法を考えること 2つ目の「レベルがあっていること」について。 ゲームを作る側の人は「レベルデザイン」という考えをもとにゲームを作っている。 遊んで行くにつれて、だんだん難し […]

どうすれば興味が持てるか

アルゴリズム図鑑絵で見てわかる26のアルゴリズムが面白くて読んでいる。 ソート、配列の探索、グラフの探索など、とっつきにくそうなアルゴリズムの概念を、ソースコードではなく、図解で教えてくれる本だ。 図がキレイなのがポイントだ。対数の考え方も出てくるので、高校数学ぐらいの知識を必要とする。それでもそれぞれのページの見た目がよくてハードルが下がっているから、先を読みたくなるのだ。 高校数学ぐらいの知識 […]

リラックスして鍋を味わうこと

この秋になって二度目の鍋料理をいただきました。 鍋料理だと、熱いので、あわてて食べてしまう。 普段通りにあわてて食べると、顔がかなり緊張していることに気づいた。 顔の緊張をといて、落ち着いて食べていると、目が飛んでいると思われたらしく、心配された。 いやいや、大丈夫だから。 最近は、体の緊張をテーマに考え続けている。 特に顔の緊張は、体に不調をきたす原因となるが、自分で自覚することが難しい。 顔が […]

役に立たない

乙一さんの書いた小生物語を読みなおす。 この本は私の読書経経験の中でも、「役に立たない本」のベスト3に入る。 役に立たないが本棚に残っていて、ときどき開いて読んでいる。 この本は乙一さんが若い時に書いたものだ。日記風にふざけた文体で書いてある。ウソも平気で書かれてある。本文より脚注が面白いのもふざけた感がある。 この本を、おじさんのわたしが読む。 おじさんになるとふざけたことを書く機会もへって、そ […]

ひと手間がご縁を作る。

株式会社ヒューマン・コメディーの三宅晶子さんから、手書きで丁寧な手紙をいただいた。 知り合って間もない方からこんなことをされたら、いっぺんにファンになってしまう。 そこには、イラスト付きで森信三さんの言葉も書いてあった。 今年は心理学方面と行政書士方面でたくさんの出会いがある。 そのうちの何人かは、私のことを覚えていてくれているだろう。 しかし私のファンになった人がいるかというと、いないだろうな。 […]

口笛で体の疲れがとれる

随分前に、中谷塾で藤本靖さんにお会いしてから、 緊張を緩めることについていろんなところでお話させてもらっている。 パソコン作業が続くと、「目」「鼻」「耳」「口」が緊張してしまう。 緊張が続くと、頭の芯「蝶形骨(ちょうけいこつ)」がゆがんで、体全体が不調になってしまう。 だから、デスクワークが多い人は、ときどきこの緊張を緩める必要がある。 蝶形骨を緩める簡単な方法は、両耳を指でつまんでそっと外側に引 […]

NPO法人 女性・人権支援センター ステップへ見学に行きました。

9月に、安西光さんを通して、 Stalker Recovery Supportの守屋 秀勝さんとお知り合いになることができました。 守屋さんは、過去にストーカーだった経験から、 現在は、ストーカー行為の加害者、被害者を救済する活動を行っていらっしゃいます。 たくさんマスコミでも紹介されておりますが、過去に臆することなく、実名で登場されています。 とても勇気のある方です。 先週末、その守屋さんの紹介 […]

IT NO IMAGE

AIを監査する国家資格の登場を予想しています

TEDのプレゼンを観ました。感想を書いておきます。やや硬い内容になるよ。 これを観ました。 TED日本語 – キャシー・オニール: ビッグデータを盲信する時代に終止符を ちょっと早口でハードルが高いと思ったら、 http://digitalcast.jp/v/25903/ 日本語字幕で観ることができた。 ビッグデータの収集と解析が大きなビジネスになっています。 このプレゼンテーションで […]

感謝と人相学によって人を覚えよう

僕は人の顔を覚えるのも、名前も覚えるのも苦手だ。 これまでほぼ自宅で仕事をしてきたのも、それを助長させた。 しかし、行政書士にもなったし、このまま何の対策も取らずに生きていくのは問題があると思う。 街で誰かに話しかけられるたびに、心の中で、「ああー誰だっけなー思い出せないなー」を連発していては、これから先、仕事にならない。 「どうやって人の顔を覚えようか」、ということについて、今回、 試験対策のつ […]

一人で仕事をするときは、指針が必要だといつか言ったけど、 よく考えたら、何人かで仕事をするほうが余計に指針が必要だった。 冷たい言い方をするけど、 指針がでたらめな会社が、割とすぐ潰れるのを見てきた。 そういう社長は、人間的にはいいやつだ。 でも指針がなかった。 特にデザインの業界に入ってくる人間は、 数字だけ追いかけるつもりで入ってきてはいない。 意味もなくつらい仕事を続けることに、ひとは丈夫に […]

1 28 44