メールマガジン

「お金と法律トクする通信」、無料メールマガジン開始!

こんにちは!行政書士の坂本倫朗です。

私はフリーランスを長く経験して、その後行政書士になり、
学生やフリーランスの起業や独立、
すでに起業している人の法務や融資の相談を受けています。

私自身もひとりで働いてきたのでわかるのですが、
ひとりで働くと、日々の業務でいっぱいになります。
外部の情報は、なかなか知りえません。

行政書士になって気づきましたが、外部の情報を知らないままで来たせいで、
今まで、たくさん損をしてきてました。

じつは、政府や都道府県は、小さい企業や一人で働く人向けに
多くの支援を行っています。
その支援策の該当者であれば、遠慮せずにどんどん利用したほうが、
今後の活動を飛躍させることができます。

行政や法律の情報を知ると、仕事の質を高めるチャンスが与えられます。

たとえば、新しいツールは、遅く買うより早く買って早く試した方が、
そのツールの使い方をブログに書いて、サイトのアクセスを伸ばすことができます。
また、早く試作品を作ることで、高いお金で仕事を受注することもできます。
でも、そうした新しいツールは高価になりがちです。

そうした新しく何かを始める費用を、行政から支援してもらえたかもしれないのに、
知らずにすごしてしまったら、大きな損失になりますよね。

知らずに済ませたらもったいない情報を伝えるメルマガです

そんな、知らずに通り過ぎてしまうおトクな情報を、ひとりで働く人たちに伝えなければ!
と思って、ひとりで自由に働く人のための「お金と法律トクする通信」
というメールマガジンを発信することにしました。

このメルマガは、ひとり社長や個人事業主の方が、仕事の質を高め、働きやすくなるような情報をお伝えするのを配信の目的とします。

だいたい、政策や法律の情報というものは分かりづらく、そのせいもあって伝わっていないんですよね。
しかし、この分野は知ったらぐんと可能性が増えます!
このメールマガジンは、そうしたお金と法律のことをなるべくわかりやすくお伝えします。

読みたい人は限られるかも。でもそれでもいいんです。

私はできうる限りやさしい文章で書きますが、それでも漢字が多くて読みづらいと感じる方もいるでしょう。
だから、全ての人がこのメールを読みたいとは思わないかもしれません。
それでもいいと思います。
私はトクすると信じて読んでくださる方に向かって、情報を発信したいです。
下のサンプルを読んで、「こんな情報が毎週教えてもらえるんなら読みたい」
という方は購読してください。
ちなみにサンプルは、最大300万が返還義務なしに助成してもらえるかもしれないというチャンスの話です。
このメルマガでは創業時の情報だけではなく、すでに働いている人むけの情報も発信しますよ。

無料メルマガの登録はこちら!

購読料は無料です。
お申し込みをご希望の方は、以下のフォームにご入力をお願いいたします。

なお、ご入力いただいた情報は個人情報保護法に基づき、しっかりと管理します。
また、ご入力いただ情報を、メールマガジンの配信以外の用途に使用することはありません。

メールマガジンの例(2018.08.22)

ご購読ありがとうございます。行政書士の坂本倫朗です。
お金と法律のトクする情報を、なるべくやさしく紹介するメルマガです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 個人事業主の方にもチャンス!創業助成事業 ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇◆平成30年度 第2回創業助成事業について◆◇◆

フリーランスの数は含まれてないかもしれませんが、
東京都内の開業率は2016年で6.0%だそうです。
5年で8割の会社がなくなる中、これは少ない数字です。
「創業してみよう!」というムードを作るために、東京都はいろんな政策を打ち出していますが、
その一つが創業助成事業です。

この補助金は創業期にかかる経費の最大300万円 (下限額100万円)が補助されるというものです。
融資とは違い、補助金は申請が通ると、給付してもらえます。
給付金は、返す必要がありません。

この創業助成事業の補助金のいいところは、創業期にかかる「運転資金」に充てることができます。
例えば、「家賃」「 従業員人件費 」「広告宣伝費」などです。
家賃、広告宣伝費に使えるお金を給付してもらえるとなれば、事業に余裕が出ますね。
申請してみる価値は大いにあります。

この創業助成事業の補助金については、申請するための条件があります。
【申請者条件】
1、東京都で創業して5年未満の方。(フリーランスでも可能です)
2、東京都の創業に関する施策を受けていること。

2については、さらに次の二つのいずれかを満たす必要があります。
・東京都指定の事業支援や受講を終了していること
・東京都の指定する融資を受けていること
融資を受ける方法を選択するほうが、条件としては満たしやすいです。

創業助成事業について、今年は10月~11月にもう一度募集がある予定です。
融資は申請をしてから時間がかかりますので、助成金を受けたい方は早めに準備を進めてください。
なお、申請をしても100%通るものではないことは、ご承知おきください。

独立して間もない人(5年以内)で、
創業助成事業に関心がある方は、坂本倫朗行政書士事務所までご相談くださいね。
“http://sakamoto316.tokyo/”

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■    今週のブログ記事まとめ    ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金・メンタル・法務をテーマに毎日更新しています。

▼ 行政書士業務をオープンソース化したい
——————————————————————–
“https://site316.com/archives/3208”

▼ 電子定款についての電子書籍を書いてます
——————————————————————–
“https://site316.com/archives/3168”

【編集後記】
名著「A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報 」にならって、
日報を書いています。
この本は、行政書士の先輩である、大楽大輔先生に教えていただいた本です。
結局、何を目標にしているかをぶれずに考えていくことが力となります。
私は「ひとりで働く人に知識・技術を提供することで、悩みを解決し成長を促すこと」が目標です。

絶版の本ですが、Kindleで読めるようになりました。
https://goo.gl/KVJ3Fz

……………………………………………………………………………………………
■発行:坂本倫朗行政書士事務所 http://sakamoto316.tokyo
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2018 坂本倫朗行政書士事務所 All rights reserved.