リーダー的存在の役割について

第100回目の甲子園が、大阪桐蔭の二度目の春夏二連覇で幕を閉じました。 久しぶりに見たー、甲子園。 金足農業のヒーロー、吉田輝星は、決勝にはもう投げる力が残ってなかったことが、5回、6回の困惑した表情から伺えました。 野球は、チームスポーツです。 チームスポーツは、アドラーでいう共同体感覚を学ぶには、ぴったりの修練の場と思います。 私が吉田選手だったら、というか、そもそも私にあんなガッツはないんで […]

行政書士業務をオープンソース化したい

オレ、教えたがらない士業のノウハウを、全部オープンソース化してやるんだ。 — 行政書士ひとり (@sakamotomichiro) August 20, 2018 行政書士をしていますが、この業界は、エンジニアと違って、とにかく若手に教えたがらない。 今電子定款のマニュアル本を書いてますが、もしエンジニアだったら、こんなのはQiitaに書いてあるんじゃないかと思うんですよね。 エンジニ […]

Evernoteの同期でビックリマークが出るときは、アップデートしよう

2018.8.14にロゴも刷新したばかりのEvernote。 なんだかんだ言いながら、もう10年近くも使っているEvernote。 【画像参照元】https://evernote.com/blog/jp/ceo-notebook-evernote-brand/ そのEvernoteの同期ができなくなった。 携帯で記入した内容がPCにでてこないので、これは困る。 原因を調べてみたら、どうやらEver […]

アドラー心理学の「目的論」で観察できるようになると、落ち着きが生まれます

「変な行動」をする人 若い時ほど人間関係を選べませんでした。 選べていなかった頃は、いろいろ「変な行動」をする人が近くにいました。 「変な行動」っていうのは、たとえばですね・・・。 私をわざと怒らせて、徹底的にからかって、関係を持とうとする人がいました。 楽しい人のそばにいたい私には、意味が分かりません。 もっと陰湿だと、こちらに面と向かわずに、声が聞こえるか聞こえないかぐらいの距離で からかって […]

ブログのテーマを変えました

表示するスピードが遅くなってきたので ワードプレスのテーマをLION MEDIAに変えました。 LION MEDIAの実力 遅ればせながら、ampにも対応できるテーマを選びました。 昨日までのテーマは、色々プラグインを足したせいもありましたが、表示スピードが7秒くらいになっていました。 変えてからは、驚異の0.5秒。 まだ把握してなくて、表示の調整もこれからですがコツコツ調整していこうと思います。 […]

電子定款についての電子書籍を書いてます

電子定款が作れるようになりました。 わからないところがありましたが、今日電話した法務局のヘルプデスクが、信じられないくらい親切でした。 ヘルプデスクのおかげで、できた。 このやり方については、ブログ記事も少なく、これは電子書籍に書いた方がいいと思い、ちまちまと書き始めました。 この本は、行政書士さん向けです。 どうやらわかりやすく出すということが、私のテーマらしいです。 わかりやすく伝えるって、A […]

ひとりで働く人に、トクする情報を届けます(メルマガ配信のお知らせ)

昨日のブログに、「メールマガジンを始めるよ」 というお知らせをしました。 メルマガの著者は、人のためを考えざるをえなくなる   用意ができたので、お知らせいたします。 https://site316.com/mm このメールマガジンでは、お金と法律のおトク情報を、わかりやくす再編集することを目的としています。 たとえば、中小企業庁のウェブサイトは、入り口こそ分かりやすいですが、 入ってしまったらも […]

メルマガの著者は、人のためを考えざるをえなくなる

メルマガを出そうとして、先ほど最初の一本を書きました。 明日発信開始です。 タイトルは、 『ひとりで自由に働く人のための「お金と法律トクする通信」』 独立して働く人を応援する内容です。 何もひねりませんでした(笑)。 私も、お金と法律とのことについては、 行政書士の世界に飛び込むまで知らないまま、 損をしていた!と気づいたことがことがたくさんあります。 その知らないと損する情報を、イージーにお伝え […]

一人で働く仲間のためにアドラー心理学を使う

アドラー心理学、まじすげー タイトルに、「アドラー、まじ神」って書こうとしたけど、誤解されそうなんでやめました。 こんばんは。 今日もブログを書きます。 アドラー心理学の根幹がシンプルですげーって話をします。 「人が一生という時間を使って、何をやるか。」 このことの意味について、アドラー心理学では 「人の一生は、共同体への貢献に使うといいよ」と言い切っています。 この貢献感覚をもつことをアドラー心 […]

ワクワクしながら書こう

わたしはこれまでに電子書籍を四冊出して、それなりに読まれています。 最近出したのは、「契約書を読み解くための「及び」と「又は」の本」という本です。 法律の本ですが、やさしく読めるように気をつけて書きました。 今まで電子書籍は、ノウハウ、アドラー心理学、プログラミング、法律というジャンルで出しました。 節操なく出してるみたいですが、この4ジャンルが、わたしの主なテリトリーです。 何してんのかわからな […]

1 37