2/46ページ

2/46ページ

悩みを聞くことより、価値観を聞き出す

「街の法律家」という仕事をしていますが、 結局は悩みを聞くことに尽きると考えます。 お客さんの悩みに、自分の持っている知識・人脈を総動員して論理的な解決に導くことが仕事なんだとわかります。 そして、ストレートに悩みを聞き出そうとすることより、 まず優先して聞くべきことは、 そのお客さんが、人生で大事にしている価値観です。 そのお客さんは、利益を出して安心したいのか。 勝ち誇りたいのか。 楽しく生き […]

文章を算式化できるかな

文章力が身につく本というタイトルの本を読みました。 この本を少し読み進めると、すぐに、このブログの文体についておかしいところがあるのに気づかされました。 直すところがたくさん出てきて恥ずかしい。 わたしの文章でもっともあやしい点は、読点(、)の打ち方と、修飾語の並べ方の二つです。 わたしは文章の書き方を見直す時期にきているようです。 自分の文章を見直そうと思ったのは、もちろんブログの文章を読みやす […]

自主独立ということ。味方がいないと思う夜に

私の母校であり、寂しいことに今はもうなくなってしまった水俣第三中学校の校歌の一節には、「独立と自主の世代を」というステキな言葉がありました。 自主独立とは、イミダスによると「他からなんら保護または干渉を受けることなく、自分の責任でことを行うこと。自力で行動すること。」とあります。 今は手元に資料がないですが、母校の中学校ができたのは1961年ですから、先ほどのワンフレーズにその時代の政治的思想を連 […]

今日はサポーターとしての仕事

今日はお客さんが開発を依頼したベンダー企業さんに出向きます。 行政書士は、交渉ごとの仲裁ができませんが、今日出向く目的は、制作に関するアドバイスです。 サービスが得意なベンチャー企業様の場合、開発の全てに詳しいわけではありません。 だから、開発の工程がわかる私も、一緒に出向きます。 どうかどうか、私が関わったスタートアップが成功しますよう。 法律を超えた部分であっても、私にできることは協力しますよ […]

薬機法と、化粧品のビフォーアフターの画像掲載について

この記事の執筆日は2019年1月8日です。 薬機法はガイドラインがどんどん変わる点が難しい 薬機法は、正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といいます。 薬機法については、広告ガイドラインの改定が頻繁に行われています。 そのため、ブログ記事の中には解釈が間違っているものや、記事が古いものが散見されます。 というか、古いのがほとんどです。 そのことについて、コメ […]

名刺の活かし方と、Wantedly Peopleを使い始めたこと

昨年末の名刺を整理する 昨年末(平成30年)は法律系のイベントや、IT系のイベントに多く出かけ、大変多くの方と出会いました。 出身地である熊本のイベントにも出席しました。 年が明けた今、知り合った方々の名刺を整理する必要がでてきました。 私は名刺をため込んでしまいます。 私のアドラー心理学の先生は、 名刺交換でお渡しした名刺が大切されないことに対し、怒りを顕わにした過去について、 そのエピソードを […]

あけましておめでとうございます

時間はあっあっあっあっと過ぎていきます。 かといって、せかせかしてばかりの人生を送りたくはないものです。 信念に向かって、工夫を凝らして生きるとき、その一瞬一瞬がより良い人生を作ってくれると信じます。 え?私の信念? 私は近くの人と思考力を高めあうような生き方をしたい。この一年も、それを表現する一年にします。 その方が、面白いじゃんね。

心理学を学ぶとよいこと

多くの会社で、若い営業担当がすぐに辞めてしまうことが問題となっています。 営業担当が電話をかけるときや、また電話がかかってくるときのストレスを出来るだけ下げようという試みをしている会社もあります。 今鳴っている電話が誰からかかってきたのか、電話を取るより先に見えるようにしておこうとしているというのです。 そのうちの一社はこちらです。 見ず知らずの人に怒鳴られ悪態をつかれるのは怖いですが、常に「いつ […]

法律が希望になる世の中にしよう

「法律の仕事はAI化するだろう」という予見があります。 便利にすることはよいことで、いくらでも便利にすればいいです。 今の世の中のムードを考えるとAIは社会に不安を与えています。 エンジニアではない人にとって、AIは希望を与えてくれるでしょうか? AIを開発できる技術者が不足しているというニュースもエンジニア以外の人には「うれしくない」トーンで受け止められているようです。 対話式のAIから希望を与 […]

LEGAL MAGICの高難度基礎法学セミナーにいってきました。

市ヶ谷へ、LEGAL MAGICの高難度基礎法学セミナーにいってきました。 高難度なのか、基礎なのか判断に迷うタイトルですが、 たしかに高難度の基礎でした。 私の事務所の顧問である菰田弁護士に直接教えていただけました。 法律は、当たり前ですが論理的な思考が必要です。 このセミナーでは、弁護士的な論理の構築方法をお話しいただきました。 いや、論理としては、そんなに大した話ではなかったかもしれません。 […]

1 2 46