日々の経験

2/3ページ

目標達成表を書くと、軸が通る

嫁さんが新年に書いていた目標達成表が面白そうなので、私も書きました。 マンダラシートと呼ばれるものですね。 日ハムの大谷選手がやっていることでスポットライトが当たっているそうです。 嫁さんの知り合いの企業では、全社員で取り組んでいるとのこと。 私が書いたのは以下のものです。 みるだけでも、なんとなく察してもらえそうですが、この表の書き方を説明しておくと、 1:一番最初に、達成しい目標を真ん中の黄色 […]

小冊子作成中です

昨日アマゾンから本が届きました。 横山 信治さんの 『「感謝! 」言うてたら、ホンマに儲かりまっせ!』 という本です。 注文した覚えのない本です。 届け先は、確かにうちになっています。 ありがたく拝読しましたが、どなたが送りいただいたものかが分かりません。 どうかご連絡くださいませ~。 自分のやることが増えたので、自分がいったい何をしようとしているのか、 小冊子を作成中です。 できたら、手渡しの行 […]

ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜

先週末、「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」を観てきました。 二宮和也さん演じる主人公佐々木充は、アドラー心理学のライフスタイルで解釈すると、ドライバー+コントローラー。 完璧主義の人が、人生を再解釈し、所属感を得ることで視野が広がり成長を遂げるという話。 良い話だった。引き込まれた。 本当は、完璧主義者のそばには楊晴明のような楽天的な人間がいると、明るい見方を学んでいけるので良いように思います。 […]

どうすれば興味が持てるか

アルゴリズム図鑑絵で見てわかる26のアルゴリズムが面白くて読んでいる。 ソート、配列の探索、グラフの探索など、とっつきにくそうなアルゴリズムの概念を、ソースコードではなく、図解で教えてくれる本だ。 図がキレイなのがポイントだ。対数の考え方も出てくるので、高校数学ぐらいの知識を必要とする。それでもそれぞれのページの見た目がよくてハードルが下がっているから、先を読みたくなるのだ。 高校数学ぐらいの知識 […]

ひと手間がご縁を作る。

株式会社ヒューマン・コメディーの三宅晶子さんから、手書きで丁寧な手紙をいただいた。 知り合って間もない方からこんなことをされたら、いっぺんにファンになってしまう。 そこには、イラスト付きで森信三さんの言葉も書いてあった。 今年は心理学方面と行政書士方面でたくさんの出会いがある。 そのうちの何人かは、私のことを覚えていてくれているだろう。 しかし私のファンになった人がいるかというと、いないだろうな。 […]

経済を学ぶということ

黙々と行政書士事務所の準備とコンセプト固めを続けています。 一人もくもく会です。 ITの世界でもやっていたことですが、 行政書士事務所でも、何がやりたいかと言われたら、「技術を伝えること」をやりたい。 私は心理カウンセリングも行いますが、 「芸は身を助く」ということわざにもあるように、 ストレスに抗ったり、 逆境を乗り越えるときに必要なのは、 最終的には慰めだけではなく、 知識や技術がその人に備わ […]

業績の調子が悪い時も受け入れる

フリーランスを長く続けるコツは何だろうかと考える。 結局、見栄を張らないことなんだろうと思う。 僕はウェブ制作と、プログラミングの受注産業をやってきた。 受注産業は安定しづらい。 調子のいいときも悪いときもある。 大きいプロジェクトばかりになってしまうと、ピンチになる。 二か月無収入で、三か月後に200万入るような生活だ。 そして、僕は入れば学習につぎ込んだ。 そのおかげで今がある。 「お金がない […]

貧すれば鈍するということ

自分ではなかなか気づかないが、ズボンのすそにたるみがあったり、姿勢が悪くなることで、 見た目は確実に悪くなる。 見た目が悪い状態でパーティーに出席すると、場が荒れてしまう。会場に落ち着きがなくなるのだ。 見た目が多少悪くなっても「まあ、いいや」と思っていると、次からパーティーにはよんでもらえなくなる。 これが大人のルール。 こういうルールは、しんどいものだ。 「ルールを守らないと大人として扱わない […]

自分の生き様を語るときに、言葉は胸を打つ

植松努さんの言葉が、激しく胸に迫る。動画ではあるが、スピーチの終わりに立ち上がって拍手した。日本人は、希望を、抽象的に、まじめに語るのが好きだ。でもそれでは、飲み屋の説教を聞いているようなものになってしまう。希望を楽しく、実体験を踏まえて語る。それを聴くのは、楽しい。説教を聞くのは辛い。というか、説教にオリジナリティーはない。 効果的なプレゼンは、そう、体験を話すことだ。これを聞くと、「堂々と、自 […]

種をまくことを教えてくれる本、「ない仕事」の作り方

みうらじゅん先生の「ない仕事」の作り方(文藝春秋・文春e-book)がエキサイティングです。 ビジネスにおいて、なにもないところから、新しいブランドを作って、花を咲かせる方法を教えてくれます。 先生自身のプロジェクトである、ゆるキャラ、とんまつり、らくがお等々を紹介しています。 それらをどのような姿勢で種を巻き、花を咲かせたかを教えてくれる、フリーランサーの座右の書となりうる本です。 「仕事の種ま […]