目標達成表を書くと、軸が通る

目標達成表を書くと、軸が通る

嫁さんが新年に書いていた目標達成表が面白そうなので、私も書きました。
マンダラシートと呼ばれるものですね。
日ハムの大谷選手がやっていることでスポットライトが当たっているそうです。
嫁さんの知り合いの企業では、全社員で取り組んでいるとのこと。

私が書いたのは以下のものです。

みるだけでも、なんとなく察してもらえそうですが、この表の書き方を説明しておくと、
1:一番最初に、達成しい目標を真ん中の黄色いところに書く。
2:黄色の周りのマス8つに、黄色のところに書いた目標を達成するための行動を書く
3:2で書いたものを、上下左右斜め8つの水色のマスに書き写す。
4:3のそれぞれのまわり8つを、さらに細かい行動を書いて埋める
という順番で書きます。

大谷選手の書いていたものを見ると、ポイントらしいことが分かってきます。
コツは、視野を狭くせず、バランスよく書くことではないでしょうか。
大谷選手が「運」と書いたことで、このシートが視野を広げるためのツールであることがわかります。

重複しないように書くのは大変でした。他のマスにも当てはまるような項目がいくつもあります。
そもそもこの9マスのシートは、アイデアをひねり出すためにあります。
大変な思いをしてひねり出すことにも価値があるのですね。

また、書いてて分かったことですが、このツールは、一人で書いてもいいですが、誰かと一緒に書くとなお楽しい。
コミュニケーションツールとして優れています。
中小企業では、飲み会を開くよりこの表を描いて見せあったほうが、お互いのことがよくわかるんじゃないかと思いますよ。

ちなみに、私が書いたものですが、今年は年収2000万円という目標を掲げています。
これは夫婦で共通の認識です。
そう、私は馬車馬のように働くのです。

 

勉強法カテゴリの最新記事