日々の経験

貧すれば鈍するということ

自分ではなかなか気づかないが、ズボンのすそにたるみがあったり、姿勢が悪くなることで、
見た目は確実に悪くなる。
見た目が悪い状態でパーティーに出席すると、場が荒れてしまう。会場に落ち着きがなくなるのだ。
見た目が多少悪くなっても「まあ、いいや」と思っていると、次からパーティーにはよんでもらえなくなる。
これが大人のルール。

こういうルールは、しんどいものだ。
「ルールを守らないと大人として扱わない」という態度は、他人を受け入れるという精神と真逆のものである。
心理学から「他人を受け入れる精神」を学んでいる身としては、矛盾を感じることもある。

ルールは場所によって異なる。
ルールが緩い場所もある。
「ルールが緩いところに行きたいなあ」と思うけど、ルールが緩い場所は、マナーに対する感覚も緩い。

結局は、自分がどこを居心地よく感じるかなんだけど。
緩く、マナーに無頓着な場所は、今の私には居心地が悪く感じる。

緩いところも素晴らしいけど、一か所に留まり続けると色々見えなくなるなあ、と。
これが、「貧すれば鈍する」ということではないかな。
背筋を伸ばす機会も持ちたいね。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-日々の経験