お知らせ

初めての人に、会いに行くことについて

本気で講師になりたいので、人に会いにいくことを始めました。
履歴書を書いて、オーディションに行きます。
企画書も用意します。

それまでも講師をしてはいましたが、一生のほとんどをパソコンを見て過ごしてきたので、ほとんど人と話さずに生きてきました。
新しい人と会うのは、緊張します。
facebookやウェブサイトで相手のことを伺うことはできますが
実際のテンションや感覚タイプなどは、会ってみるまでわかりません。

大変な雨の中だけど、会いに行ってよかった。
今日お会いした人とお話ししたことで、仕事が人によって生まれることを、よく理解できました。
仕事の生まれる場所は理解できたので、コンテンツを用意すれば何とかなる様に思います。

人に会いに行くこと、しばらく続けてみようと思います。
でも異業種交流会は、嫌いなので誘わないでください(笑)。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ