経済を学ぶということ

経済を学ぶということ

黙々と行政書士事務所の準備とコンセプト固めを続けています。
一人もくもく会です。

ITの世界でもやっていたことですが、
行政書士事務所でも、何がやりたいかと言われたら、「技術を伝えること」をやりたい。

私は心理カウンセリングも行いますが、
「芸は身を助く」ということわざにもあるように、
ストレスに抗ったり、
逆境を乗り越えるときに必要なのは、
最終的には慰めだけではなく、
知識や技術がその人に備わることが必要だと考えています。

私の専門とする心理学はアドラー心理学で、
この心理学は、「これからどうするか」を考える心理学です。
困難のさなかで、原因や環境を分析するのではなく、
これからどうするかを考えるとき、
その人がもつ選択肢の数は、
知識や教養の量によって変化します。

とりわけ、経済に対する知識なしでは、人間は幸福でいられません。
そのため、今は経済を学ぶサイトを作っています。
そのサービスを、行政書士として提供していこうと考えているところです。
行政書士としては異色かもしれませんけどね。

日々の経験カテゴリの最新記事