一人で仕事をするときは、指針が必要だといつか言ったけど、
よく考えたら、何人かで仕事をするほうが余計に指針が必要だった。

冷たい言い方をするけど、
指針がでたらめな会社が、割とすぐ潰れるのを見てきた。
そういう社長は、人間的にはいいやつだ。
でも指針がなかった。
特にデザインの業界に入ってくる人間は、
数字だけ追いかけるつもりで入ってきてはいない。

意味もなくつらい仕事を続けることに、ひとは丈夫にできていない。
逆に言うと、意味さえあれば、多少ひどい環境でも大丈夫。
乗り越えていける。
意味っていうのは希望でもある。

あいつ(社長)のためにがんばろうと思うことも意味だし、
一緒に会社を盛り上げていこうというのも意味だし、
ここでしかできない仕事をしようというのも意味。
成績を上げることに心血を注ぐのも意味。

でも、「これをやって何の意味があるんだろう」
って思ってしまったら、多分そこではもう長く生きていけない。

実は意味は自分で見つけることができる。
意味を見つけるためには、一度自分を客観的に見る必要がある。
人はつらいとき、間違った認識で自分のことを見ているからだ。

日誌のようなものを残すと、自分のことを客観的に見ることができる。
仕事においては、日報のようなものだ。
これを、上司に見せるためではなく、自分のために書く。
やみくも状態だと、昨日考えていることと、今日考えていることがつながっていない。
つなげるために、日報を書いていく。
昨日と今日がつながるから、今日のことが反省できる。
ばらばらのことをやっていたら、うまくいっているのかわからない。
このことは、伊藤塾の大楽先生に教わった。
もっと早く知っておけばよかったよ。

勉強法カテゴリの最新記事