楽に考える仕組みを作る

楽に考える仕組みを作る

なるだけダビンチのようにたくさんノートを残して死にたいと思うのですが、自分なりのメモをする方法については、いまだ模索中です。
特に、外に出た時に、何にメモするかについては決まった答えが出ていません。

これまでジョッターというものを使って、メモを取るようにしていました。
ジョッターとジョッター用の紙は薄いです。スリムなので、スーツの胸ポケットにも入れられます。

でも、私は書くことで頭が動くので、残すかどうかは別として、なるべく湯水のように書きまくりたい。
ジョッターは一枚一枚がバラバラなので、一度にたくさん書くのには向いていないんですよね。

しばらくジョッターをやめて、無印のメモ用ノートを使うことにしました。


これ、有楽町の無印で買ったんですが、オンラインショップでは見つけられませんでした。
分厚いですが、書き放題です。
あほみたいなことも、みんな書いていきます。
実に書きやすい。
しばらくこれに書き続けてみます。

勉強法カテゴリの最新記事