アナログの方が考えつづけられる

NO IMAGE

楽に考える仕組みを作る

昨日のつづきです。

メモノートに変えましたが快適です。

ノートを書く仕組み全体も、考えてちょっと変えました。

todoにしろ、メモ書きにしろ机に何かしら昨日の書きかけのものが残っているとテンションが下がります。

それをどうやってなくすかを考えたのです。

A4用紙はまとまっていない考えについて、考えながら書くのにはちょうど良く、活用する本もいっぱいあります。

でも考えを巡らせながら書いて行くと、その過程ではしょうもないことも書くことになります。

A4用紙が玉石混交の状態で溜まって行くと気分が良くありません。

evernoteは思考をまとめるのにはいいですが、思索には向いてないんですよね。

第一、キーボードタイピングは手書きほどテンションが高まりません。

テンションは大事です。

A4はこれからも書くことに使いますが、スキャンするか、ノートにまとめて、捨てることにしました。

そのかわりメモノートは、しょうもなくても残すようにしました。

メモノートは、A4と違って見直す回数が増えるので、継続的に考え続けるのに向いているように思います。

これからわたしが書くものは、継続的に考えるものが多くなるんではないかと期待しています。

どんなツールを使うかで、思考のタイプも変わってくるんですね。

お知らせカテゴリの最新記事