サイトが復活しました

  • 2017.04.15
  • IT
サイトが復活しました

ハッキングされてしまいました。

このサイトは昨日復活しました。
ハッキングされてしまい、いったんサイトを閉じざるをえませんでした。
一度復旧しましたが、間違って復旧済みのデータベースを消してしまい、再びデータベースを連結させる時間が取れずに間が空いてしまいました。
この間に、何人かの方がfacebook経由で見に来てくださっていましたが、そのかたは、記事のないブログをみたことになります。
申し訳ないことです。
また来てくれると嬉しいなぁ。
こういうのは、素早く復旧したほうがいいですね。

ハッキングについては、セキュリティに関するプラグインも入れていました。
「大丈夫だ」と、たかをくくってましたが、随分なめてましたね。

サイト運営については何が起こるかわからないので、
ワードプレスのブログを使用しているのであれば、
セキュリティを高める努力をするとともに、
サイトがダメになったときの復旧の知識も知っておく必要があります。

セキュリティを高める基本

セキュリティを高める方法としては、
・ワードプレス、プラグインを最新にしておく
・パスワードを推測不可能なものにする
ということは基本です。

パスワードは自動生成するサイトがありますので、こういったものを利用するのが良いです。
http://www.graviness.com/temp/pw_creator/
私は改めて作り直しました。

セキュリティについて、ほかにも知りたい方はこちらをどうぞ。
http://viral-community.com/wordpress/wordpress-security-1298/

ワードプレス復旧方法の基本

ワードプレスに何かあったときの復旧方法としては
・普段からバックアップを取っておく
・ワードプレスとデータベースの連携する仕組みを知っておく
ということが基本です。

バックアップのプラグインはたくさんあります。検索してみてください。

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法


バックアップはむやみにとると、すぐにサーバーの領域がいっぱいになるので、バックアップを取る間隔には注意が必要です。

ワードプレスにはconfig.phpというファイルがあり、ここにDBの名前やパスワードが書いてあります。
管理者以外は読めないように、ファイルの権限を設定しておく必要があります。
https://wpdocs.osdn.jp/wp-config.php_%E3%81%AE%E7%B7%A8%E9%9B%86

DBの操作はphpMyAdminというサービスを使います。
とりあえず、エクスポートとインポートができればいいと思います。

phpMyAdminでMySQLデータベースのエクスポートとインポート


こういった基礎的な知識が、サイトを再スタートさせるときに非常に役立ちました。

ITカテゴリの最新記事