お知らせ

目が止まっていないか気をつける

今日はマンツーマンの授業の後、しばらく放心してました。

その後の時間で、いろんな方のブログを読みました。

ex-itの井ノ上陽一さんが、pc•itに強くなるには、目を鍛えることが必要と書いてあるのを読んで、独特な表現とも思ったのですが、たしかに難しいものに触れたとき、目が止まっているなと気づきました。

学習は、深さや明確さを求めるより、まず接する頻度が大事です。だから、一箇所を見て、目を止めたまま考え続けるのは、学習のやり方としてはあんまりよろしくないですね。

プログラミングの学習や仕事において、目が止まらないように気をつけて一週間を過ごしてみようと思います。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ