お知らせ

40代のほうが思い切って飛び込めたという話。

20代のころの私は、アルバイトの経験しかなく、
やらされて仕事をするだけでした。

30代でフリーランスになったときは、
お客さんの意図をくみ取ることとに大変な神経を注ぐようになりました。
というと聞こえがいいですが、
お客さんが何を求めているのかわからなかったし、
お客さんに聞いて常識がないと思われるのが怖かったんです。
(聞かないほうが常識外れですけども)

聞くのが怖かったから、必死に考えて
「どういう意図であれば矛盾がないか」
仮説を立てることが、
自然とできるようになりました。

そして40代に行政書士を始めたわけですが、
全く知らないこの業界に飛び込んだとき、
30代に培った仮説を立てる習慣が役に立ちました。

先回りして考えることができます。

このクセのおかげで
「この話は考えて仮説をたてても無駄だから、すぐ聞かないといけない」
という判断もできるようになりました。

聞きながら仮説を立てることと、そのあとすぐ確認できること。
この両方をできるようになったから
40代で再び新しい業界に飛び込めてもやれてきたんだと思っています。

そして、この2つは、どの業界でも生かせると思います。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-お知らせ