ビジネスモデルという考えについて

NO IMAGE

本はやはり読むだけでは足りない。

本を読んで、もちろんビジネスモデルという言葉はすでに知っていたけど、行政書士としての自分を振り返ってみるとビジネスモデルが構築できていなかったと、今は思います。

ビジネスモデルとは、ビジネスの妥当性のことです。

自分のビジネスが継続して収益を得るだけの妥当性を持っているか。プランがあるか。

お恥ずかしい話だけど、考えていなかったに等しい。

エンジニアは仕事が降って湧いてくるけど、行政書士ではなんとなくやれると思っているだけでは、仕事は発生しないし、向上できないと知りました。

その辺のことは本は、しっかり書いてあるわけで、自分ごととして読めてなかったなあと反省しています。

しかし、仕事ができるようになると、仕事は降って湧いてくるのは同様のように思えます。そういう感触を感じています。

お知らせカテゴリの最新記事