日々の経験

生まれ変わったらやりたいことを、今やろう

「おれ、生まれ変わったら合唱のピアノ伴奏役になるんだ!」
と嫁に言いました。
すぐできるんじゃないと言われました。
うん、できるかもしれない。

小学生3~4年でクラスの合唱のピアノの伴奏をするのはなかなかのスキルだったはず。
今なら「できないこともない」くらいのスキルは身についている。

小学校の時、クラスで合唱の伴奏をやっていた子は、今でもミュージシャンとして活動している。
それは私が通らなかった道だ。
それぞれ苦労はあるだろうけど、その道をうらやましいな、と思う。
矢野顕子が「土曜日の午後にはいつもピアノを弾いていた」というのをいいなあと思って聴いていた。
そんな人生があったらよかったな。

ほかにも、子供のころは絵描きになりたかったし、
壁新聞を作りたかったし、
雑誌を作りたかったし
プログラミングが自由にできるようになりたかった。
今思えば、完全に文芸コースの人間だ。
その意味では、今の方向性は間違ってはいない。

「プログラミングが自由にできるようになる」のは、半分くらいかなった。
しかし天才の領域には遠く及ばない。

今も壁新聞を作るつもりでブログを書いている。
ブログは、純粋に楽しい。
ブロガーで毎日書ける人は、壁新聞も好きなんじゃないかな。

生まれ変わる前に全部かなえられそうなのは、やってしまおうと思う。
あなたにも、生まれ変わったらかなえたい夢はありますか。
そのうち、今の人生で手が届きそうなものは何ですか。
それ、やってしまいませんか。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-日々の経験