お知らせ

お金かかると思って二の足踏んでいたら、ゼロ円だったことが分かった話

近く、セミナーを開催しようとして、ここ最近会場を探している。
自主開催のセミナーを開くとなると、もちろん人が来るかどうかはわからない。
魅力的なセミナーでも日が合わないこともある。

知人や友人を当たって、無料で開催できる場所を探していたが、1時間あたり1000円~2000円かかるのが相場。

たかだか数千円~1万円程度なんだけど、損したくないと思って、何か月か二の足をふんでいた。
今日分かった事実に拍子抜けした。

貸し会議室みたいなところは、どこもキャンセルが可能で、キャンセルが早ければ無料にできるのだ。
いいところを予約しておいて、1週間前にひとりも集まらなかったらキャンセルすればいいだけじゃないか。

よく調べていないだけで、初めからリスクなんてなかったんだ。情けない。

こんなことはよくありそうだ。

お金がかかると思っているけど、調べたら無料で手に入るものは多い。
すぐに思いつくのは、もし海外旅行したかったら、海外にいってボランティアをするためのクラウドファンディングをして、援助を募ってみるといいよね。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ