少人数経営に必要な、法務、経理、お金、メンタルケアの情報を坂本倫朗が毎日更新するMEIMEI(メイメイ)。

MEIMEI ひとりビジネスのIT護身術

お知らせ

オンラインのパワーポイント作成ツールは、Googleスライドをお薦めします

投稿日:

広告

TC160130290I9A6551_TP_V

メジャーな2つを比較すると、お互いの優れている点がわかりました

Microsoft PowerPoint OnlineGoogleスライドを比較しました。
2016/08/21の判定では、Googleスライドのほうが断然良いです。

PowerPoint Online側のメリット

Smart Artが使える

PowerPoint Onlineでは、Smart Artと呼ばれる図表のフォーマットが使える。

smartart

画像の表示デザインが選べる

画像の枠が丸枠、縁取り、鏡面反射などから選べる

レイアウト

Googleスライド側 のメリット

編集画面が表示されるまでが速い

PowerPoint Onlineと比較して、編集画面の表示と、プレゼンテーションの表示が速い!

画像の挿入が楽

Googleスライドはドラッグアンドドロップでスライド上に画像を挿入できて楽。

再編集までが楽

Googleスライドは、一度閉じたファイルを再編集するときにワンクリックで編集画面になるので楽。PowerPoint Onlineでは3クリックかかる。

クラウド上へのパワーポイントファイルの追加が楽

ファイルをクラウドに追加して編集するまでの手順は、Googleスライドのほうが手間が少ない。

folder

Googleスライドでは、最初はちょっとわかりづらいが、右上のフォルダのアイコンを選べばいい。
PowerPoint Onlineだと、一度One Driveに移動してから選ぶ必要がある。

動作が安定している

PowerPoint Onlineは、落ちはしないけど、”ページが応答しません”という警告が良く出る。
グーグルSlideは終始安定していました。

アニメーション設定が見やすい。機能もちょっと多い

Googleスライドのほうが、アニメーションの種類と設定方法が、若干多い。UIもわかりやすい。

PowerPoint Onlineのアニメーション設定 ワンクリックしてオプションを表示する。

スライド

Googleスライドのアニメーション設定。クリックしなくてもパネルで一蘭表示されるので選びやすい。

fade

その他

・マスター編集が可能

スライドのマスターが作成される。
これによって、テンプレートが変わっても、共通した配置、フォントの指定をしたスライドを作成できる。
ただ、作成したマスターの再利用ができない(?)ようなので、現時点ではあまり価値がなさそう。

・画像の簡単な編集ができる

Googleスライドでは画像に対して透明度、明るさ、コントラストが編集できます。

・ショートカット(右クリック)が充実している

右クリックからアニメーション設定などできるので、楽ちんです。

今後のMicrosoftに期待

パワーポイントになれた方なら、すんなり使えるのはMicrosoft PowerPoint Online
編集の軽さはGoogleスライドですね。
機能の充実については、今後のMicrosoftにも期待します!

よく読まれている記事

1

目次「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しましたgitの導入メリットgitのセミナー、今後も開催します 「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会 ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

目次EPUBの規格についてEPUBって?EPUB3の形式でないと、縦書きに対応できないEPUBのファイルを作成できるツール・サービスでんでんコンバーターとRomancerについてでんでんコンバーターR ...

4

目次「内向型人間のすごい力」の本気質、性格、人格についての定義種類とその語源定義=真実ではない 「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ...

-お知らせ

Copyright© MEIMEI ひとりビジネスのIT護身術 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.