基本は分解すること

NO IMAGE

また、ランディングページを作っている。

私は事務所を一人でやっているし、一通りのことはできるから、ウェブも、原稿書きから、画像の加工、コーディングとあっぷロード、広告の設置まで自分で全部やる。

工程が多いので、始めるときは、どれくらい時間がかかるかと、心配になる。

始める前に工程の多さを考えるとひるみそうになる。

そのひるむこと自体が、行動を遅らせる。

私はこのタスクにひるむ気持ちに抗う方法を、電子書籍の「21時間理論」に書いた。

この本で書いたのは

21時間でどこまでできるかを考えて、そこに集中していくという考えだ。

短期決戦の三日坊主を繰り返していくという方法である。

この方法の主な効力は、二つ。

まず一つは、やる前の恐怖を減らすこと。

もう一つは、21時間でなにをやるか、タスクを分解して考えることを促すことにある。

つまり、この方法の真髄は、恐怖と怠惰のコントロールして、目の前のことに集中することにある。

仕事というものは、分解すると、終わりそうな気がしてくるから不思議だ。

結局、これしかやらないを連続した方が、物事は早く済むのだ。

お知らせカテゴリの最新記事