IT WordPress

子テーマを作成して、WordPressテーマの変更を安全に行おう

2016/03/27

子テーマとは

子テーマとは、テーマのカスタマイズに使用するもの

子テーマは、使用しているWordPressテーマの分身です。
親テーマがどれかをあらかじめ宣言しておけば、親テーマにあるすべてのコピーファイルは必要ありません。
変更する差分ファイルのコピーのみを必要とします。

子テーマを使うメリットは

1:テーマを更新した時に、修正内容を残せる

ワードプレスのテーマは更新するときがあり、そのときに以前設定していたCSSやPHPの設定は残らず消え去ってしまいます。
カスタマイズした設定を残しておくために、子テーマが必要です。

2:不具合が出た時にすぐ戻せる

デザインをカスタマイズしていると、思わぬ動作をしてしまうことがあります。そんなときも、子テーマの編集は、オリジナルの親テーマには手を付けていないので、すぐに元の状態に戻せるのです。

子テーマの作成方法

ファイル・フォルダの準備

themesフォルダ内に、子テーマ用のフォルダを作ります。
stinger6の子テーマを作るので、stinger6_childというフォルダ名にします。

ちld

親テーマのstyle.cssをコピーして、子テーマ用のフォルダにコピーします。
子テーマにおいたstyle.cssを開き、冒頭を修正します。

hendy

子テーマの編集

デフォルトのヘッダー

[code language="css"]
/*---------------------------------------------------------
Theme Name: STINGER6
Theme URI: http://wp-fun.com
Description:
Author: ENJI
Author URI: http://wp-fun.com
License: GNU General Public License v2 or later
License URI: http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
Tags: custom-header, custom-menu
Text Domain: stinger6
Version: 20151214
---------------------------------------------------------*/[/code]

これを、次のように編集します

[code language="css"]
/*---------------------------------------------------------
Theme Name: STINGER6 _CHILD
Template: stinger6
---------------------------------------------------------*/[/code]

 

記述には、少なくともTheme NameとTemplateの2つが必要です。
Templateについては、親テーマのフォルダ名を入力して下さい。
ここまで作業が出来たら、ダッシュボードから「外観」⇒「テーマ」にアクセスして下さい。
設定した子テーマが追加されているのが確認できます。

test

あとは、カスタマイズを進めていく内に必要になってくるファイルをコピーして追加して編集する用にします。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-IT, WordPress

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...