IT効率化 勉強法

終わった仕事はパソコンに残さない

楽になりたいので、引き続き努力しています。

仕事のなかで、結構時間をとってしまっているのが、「一年前のファイルを送ってください」
というものです。

必ずあるのはわかってます。

しかし、これまでの仕組みだと、終わった仕事のファイルがバックアップHDDにあるのか、まだパソコンから移してないのかわかりません。

この連絡があってから、バックアップのHDDにあることを探して、
かつ、現在の環境だと中身がみられない古いファイルだったので、中身を見るためにアップデートいなくてはいけませんでした。
中身を確認するまでに40分かかりました。

この間は、仕事をしているとは言えません。
完全にやりたくないことをしているので、ストレスがすごい。

しかし、こんな状況になるのは、ファイルの管理が甘いからです。

探さなくていいように、ルールを改めました。
「一か所にまとめる」ことをします。

・ソースはBitbucketですべて管理する。GitHubは使わない。
・ファイルは全てDropBoxに取り込む。
・終わった仕事はすべてバックアップファイルに入れて、DropBoxに残さない

あとは、やり切ってない仕事が大量のゴミファイルを生む原因になってます。
・始めたことをやり切る。
・途中までで終わったものは捨てる。

このルールで楽をしてみます。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-IT効率化, 勉強法