IT

10人に一人は応援してくれている

「ネットで起業する人を応援する」と言い続けてきて
段々軸が固まってきた。

ネットの世界は勉強が大変だけど、
やはり面白い。

ネットで起業する人の困ったことを助けようと、日々こまごま勉強している。

そしてVRのスクールにも行き始めた。
ここにも大きく期待している。
VRで起業する人が出てこないかな。
この講座は、20代~30代の人が受講している。
土曜日に感触を聞いたら、あまり起業は考えてない風だったけど、
「副業でも起業できるよ!」と大きな声で言いたい。

何かを始めた時は、
応援してくれていない人の方が、当然多い。
みんな忙しいからだ。
そして多くは無関心になる。
そっちを見てもしょうがない。

前向きな何かを始めると、誰かから応援してもらえる。
それがありがたい。

私も独立して、
そして最近は厚かましい人を今まで以上に冷たくお断りしているけど、
それでも応援してくれる人はいる。

知っている人の10人に1人は応援してくれる。
頑張っていると、応援する人数が急に増えるわけではないけど、
今まで応援してくれている人が、もっと応援する気持ちを持ってくれる。
どうやらこれは、人類に共通していることらしいよ。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-IT