お知らせ

本を書こう。自由に

電子書籍は人生のテーマとしていますが、
自分の仕事を受注するために書くのは、諦めました。

書きたいものを書くようにします。

私が本で一番見たいのは、見たこともないものを教えてもらうことです。

目の前にないものを見たい。
本でなければ、宇宙が誕生して47億年たっていることは分かりません。
私の各本も、心理学というテーマであるけど、見たことないものを見てもらえるようにしたい。

自由に書きたいと思います。

電子書籍は、実はWordが使えれば誰でも書けます。
文章を書くのが好きなら、自由に書いてみることをおすすめしますよ。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ