IT

藤さんから、仮説を立てることについて

Google Analyticsの勉強会に出ました。

講師の籐さんは、いかした事業展開をやられておられます。
ウェブのお医者さんだけでなく、ロボット・プログラミングの教室も展開中です。

ウェブサイトで素敵な言葉を見つけました。引用させてください。

「仮説ありきで望めば失敗は絶対に起こらない!
上手くいった上手くいかなかったという成果が残るだけだ」

エンジニアを離れて、行政書士になったとき、
「だれが、何を求めているか」を考えるようになりました。
この業界は、仮説を立てて動く必要のある業界です。

動する前に「どれくらいになるか」と数字を予想することが大事です。
「とにかくすぐ動く!」っていうと聞こえはいいけど、
いつまでも数字が予想できていない行動は、あまりほめられた行動とはいえません。
反省すべきかどうかも振り返れないからです。

実は今日のGoogle Analyticsの勉強会でもそういう話が出てきました。
「しれっとすごいことを言ったな」と、私は驚いたのです。

講師の籐さんの経験の蓄積を、もっと引き出してみたいと思いました。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-IT