Skitchに変わるツール、Screenpresso

  • 2016.02.17
  • IT
Skitchに変わるツール、Screenpresso

講師で資料を作るのに、Skitchというキャプチャ用ソフトを長く使ってきたが、不満点が多かった。

○部分的なキャプチャが楽

○矩形などの図形を描くのが楽

☓マウスでドラッグまたはクリックをしてキャプチャをするので、展開したメニューの内容はキャプチャできない

☓キャプチャしたものを複数開けない。

☓部分をカットするとき、選択範囲が真ん中に表示され、それを動かすしくみで、毎回はめんどくさい。

☓カーソルで図形や文字が動かせない。微調整が苦痛。

 

これを改善する方法はないかと新バージョンを探したら、驚いたことに、windowsのskitchが開発終了していることを知った。(macとiOSはこの先も開発される。)

windowsを使うので、大ショック。

 

2016-02-17_19h39_26.png

 

代わりのツールを探していたら、無料のScreenpressoというものを知り、これが割と便利だった。

 

screencapture-ja-screenpresso-com-1455700592708.png

 

キャプチャツール。キャプチャしたファイルのドック(フォルダ)にもなっている。


20.fw_.png

 

画面の上に並んでいるツールは、ファイル・描画系と


save1.png

画像サイズ処理系。


2016-02-17_20h22_59.png

先ほどあげた、Skitchのツール上の難点は、クリアしていた。
あと、僕はあまり使わないけど、cloudへの共有ができて、evernoteにも送信できました。

黒い線がひけて、複数オブジェクトのセンタリングができれば、描画ツールとして使えて個人的には便利だけど、さすがにそれはキャプチャソフトの機能にもとめてはいけないですね。

ITカテゴリの最新記事