脳科学

1/2ページ

Rubyで機械学習を少しづつやってます。

AIというものを理解するために 突然ですが、AIに首を突っ込んでみたいと思います。 この記事は、思いっきり技術よりの話になっちゃいますが、ソースコードは書かないので、ここに書かせてください。 まず、AIをざっくり分けると、二種類あるのです。 機械学習 ディープラーニング (ずっと昔までさかのぼると、DeepLearningは第三次AIと呼ばれていますが、きりがないんでこの二つとします。) んで、そ […]

感謝と人相学によって人を覚えよう

僕は人の顔を覚えるのも、名前も覚えるのも苦手だ。 これまでほぼ自宅で仕事をしてきたのも、それを助長させた。 しかし、行政書士にもなったし、このまま何の対策も取らずに生きていくのは問題があると思う。 街で誰かに話しかけられるたびに、心の中で、「ああー誰だっけなー思い出せないなー」を連発していては、これから先、仕事にならない。 「どうやって人の顔を覚えようか」、ということについて、今回、 試験対策のつ […]

「一日やった感」を出すには、気づきにナンバーを振ってみる。

仕事の気力を奪うのは徒労感です。 しかし、日々の仕事を徒労と感じるかどうかは自分の価値観次第です。 といっても、すでに徒労と感じていることを、無理して「いただいた仕事だから丁寧にやろう」と言い聞かせてみても、 つらいものはつらいですよね。 そんな無理はやめましょう。 今日は、別のアプローチをお話しします。 徒労に感じるのは、日々の仕事に発見や工夫がないからです。 ところが、どんな人でも(あなたも) […]

姿勢をよくするには、背筋ではなく、足元を変える

姿勢をよくするための2つの改善ポイト 長期的な思考力やメンタル力は、脳内の酸素量が大きく左右します。 姿勢をよくすることで、酸素を脳内に安定供給できるようになります。 姿勢をよくするにはどうしたらよいでしょうか。 日ごろから気を付けて背筋を伸ばすことでしょうか。 それは、「3番目」に大事なことです。 背筋が伸びるのは、結果であって、方法ではありません。 姿勢をよくするためには、2つのことを改善しま […]

異性ばかりか、同性とも仲良くできるようになる

話を聞かない男、地図が読めない女を読みました 先日、あんざいひかる(通称ぴかりん)先生から男性脳、女性脳の違いを教わりました。 続けて、あんざい先生に紹介された本を読みました。 話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く という本です。 [amazonjs asin=”4072352179″ locale=”JP” title= […]

「男女の性質の違いを知るスクール」に参加しました

土曜日に行われたあんざいひかる(通称ぴかりん)先生の、「男女の性質の違いを知るスクール」に行ってきました。 彼女はCGクリエーターでありながらアドラー心理学マスターであり、ブログでは恋愛マスターと呼ばれているそうです。 ほかにもまだいろいろ才能を隠し持っていそうです。 あんざい先生は言います。「男女の性差による脳の働きを知ることで、世の争いの半分は減ると考えています」 講座では、豊富な例とやさしい […]

ゾーンを体験するのに必要なのは、目標設定と制限時間

ゾーンに入るための要素はこれだけ ゾーンとよばれる状態を体験する方法については、ネットを見るといろいろ書いてありますが、 究極を言うと、条件は2つだけです。 具体的な目標と、制限時間です。 目標は具体的で、シンプルなものである必要があります。 目標が難しすぎても簡単すぎても上手くいきません。 時間設定については個人差がありますが、90分以内が良いかと考えます。 日をまたぐ目標は、集中力を発揮するた […]

人は本来、3つのライフタスクに対処する十分なエネルギーと勇気を持っている

アドラー心理学では、人生で取り組むべきライフタスク(課題)を3つに分けています。 その3つとは、 ・仕事 ・交友 ・愛 です。愛には、伴侶だけでなく、家族との交流も含まれます。 では、3つのうち、どれが一番むずかしい課題でしょうか? 仕事のタスク? 残念ながら違います。愛のタスクです。 仕事のタスクも大変な課題ですが、仕事は変えることが出来ます。 仕事を変えないまでも、関係性が愛のタスクに比べて浅 […]

いっさい片付けないか、完璧に片付けるかのどちらかしかない

完全に集中するのは気持ちがいい。 しかし余計なものが目に入ると、完全な集中は難しくなる。 「机の上は片付けなさい」と、断捨離の先生も片付け士の先生も言う。 しかし、片付いてない机で集中して仕事をする人もいる。 どっちが正解なのだろうかと考えていた。 どっちが正解ということでもなかった。 「いつか片付けよう」と思っているかどうかの違いだった。 「あれもこれもやる必要がある」と考えている時、集中は阻害 […]

脳は差分検出器で、学ぶと精度が上がる

脳は共通しているものより、違っているものを認識しやすくできています。 これを生存本能とみるのも、好奇心によるものとしてもよいですが、 見えている違いを認識することは、誰にもできるので、評価されません。 じつは、多くの悪口は、この「割と簡単な違いの認識」が語られます。 だから、悪口は聞いていて面白くないのです。 悪口がとめどなく出てくる人は、ほとんど脳を使っていないのです。 他の人に見えていない違い […]