ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学 脳科学

異性ばかりか、同性とも仲良くできるようになる

話を聞かない男、地図が読めない女を読みました

先日、あんざいひかる(通称ぴかりん)先生から男性脳、女性脳の違いを教わりました。

続けて、あんざい先生に紹介された本を読みました。
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
という本です。

[amazonjs asin="4072352179" locale="JP" title="話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く"]

 

男女の違いを知ること

たとえばよくある例。
デートで男性が女性の買い物に付き合った後、二人で食事に行きます。
すでに男性の元気バロメーターは、買い物に付き合ったことで残り30%まで削られています。

食事の後、女性は「ちょっと」と化粧室にいったきり、なかなか出てこない。
男性は心配になります。
「ひょっとしたら、ひとりで帰ってしまったのではないか?」
「あるいはドアの向こうで倒れているのではないか?」
「死んだらどうしよう?」
と思うくらい出てこない。

女性が戻ってくると男性は怒り出します。
「待たせすぎではないか!」と。
「勝手すぎるではないか!」と。

しかし、男性と女性の違いを知ると、いろいろな違いを冷静に受け止められるようになります。
(たとえ理解できなくても。)

この本で印象に残ったこと

本を読んでいたら、印象的なフレーズがありました。

お母さんがティーンエイジャーの男の子のことを知るのは難しいです。
中学生や高校生の男の子は、とにかく無口です。
その胸の内を知る方法を伝授する一文があります。

運動でも何でもいいから、いっしょに「何かやる」のだ。男の子は自然とおしゃべりになるだろう。

これは、お母さんから男の子へのアプローチを示しています。
しかし、男性が男性と友達になる方法でもあると得心しました。

仲良くなる方法は、一緒に食事することが多いけど、
他のことでも、一緒にスポーツをすると言葉を交わさなくても仲良くなれそうです。

認知のゆがみについて

男女の違いを受け止められない状態というのは、
アドラー心理学でいう「認知にゆがみがある」状態です。

人はそれぞれ「世界はこうなっている」という独自の解釈をしています。
その解釈が実際とおおきく離れていると、生きづらくなります。

この本やあんざい先生の講義は、
男性や女性の特質を知り、認知のゆがみを少なくするのに役に立ちます。
異性ばかりか、同性とも仲良くできるようになるはずです。

あんざい先生の講義はこちら
http://www.hgld.co.jp/event/view/173

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

もくじ 話を聞かない男、地図が読めない女を読みました男女の違いを知ることこの本で印象に残ったこと認知のゆがみについて契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考 ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学, 脳科学