脳科学

いっさい片付けないか、完璧に片付けるかのどちらかしかない

S001_megane0120140830145829_TP_V

完全に集中するのは気持ちがいい。
しかし余計なものが目に入ると、完全な集中は難しくなる。

「机の上は片付けなさい」と、断捨離の先生も片付け士の先生も言う。
しかし、片付いてない机で集中して仕事をする人もいる。
どっちが正解なのだろうかと考えていた。

どっちが正解ということでもなかった。
「いつか片付けよう」と思っているかどうかの違いだった。

「あれもこれもやる必要がある」と考えている時、集中は阻害される。
いつか時間をみつけて片付けようと思っている人にとっては、片付いてない机は「片付けるという、現在保留中の仕事」を常に目の前にちらつかせている状態だ。
それは、疲れる。

片付いていない仕事で集中している人は、そもそも片付けることが予定に入ってないから、散らかっている状態は頭から消えているのだ。
なるほど、保留中じゃなくて、もうやらないって決めているんだね!

普通の人だと、完全に片付けないと決めてかかるのは無理なので、やっぱり片付けたほうがいいですね。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-脳科学