ウェブディレクターの法務

JQueryの著作権について知ってますか?

著作権については、いろいろ知っておかなくてはならないことが多い。 ここでは、オープンソースのソフトウェアの著作権について書きます。 オープンソースソフトウェアの著作権について 誰かが書いた原稿や、誰かが撮って編集した写真や映像は分かりやすい。 ソフトウェアはどうだろう。 ソフトウェアについては、Qiitaによくまとまっている記事がある。 たくさんあるオープンソースライセンスのそれぞれの特徴のまとめ […]

ディレクターは法的にデザイナーを守るのも仕事

私はライブドア事件の時、コンプライアンスと言う言葉を初めて聞きました。 コンプライアンスというのは、法令を守るということです。 コンプライアンスが叫ばれるようになって、ディレクターも法律と無関係ではなくなりました。 ディレクターは、一緒に働く人に法律を守ってもらうことも仕事です。 同時に、一緒に働く人の権利も守っていかなくてはいけません。 法律家になれとは言いませんが、法律の知識も必要になってきま […]

秘密保持契約を結んだあと、秘密を漏洩した場合に何がおこる?

アプリケーションやウェブサイト制作で漏洩するリスクのあるものは、経営企画、製品情報、マニュアル等でしょうか。 秘密を漏洩してしまった場合は、民事的責任または刑事的責任を追及されることが予想されます。 裁判となると、民事、刑事のどちらの追及を受けるかは、警察、弁護士の判断によるところが大きいので、ケースバイケースと言えます。 民事的責任の追及を受ける場合 民事裁判 営業秘密の使用の差止請求、営業秘密 […]

納期に間に合うような契約締結をしよう。

フリーランスのディレクターであれば、契約の締結も自分で行います。 でも、契約書の内容が不利だった時に、どのようにすればいいのでしょうか? 契約書の文面が、案件の未来を左右する 仕様やデザインは、ころころ変更されるのがIT業界の常。 しかし、お客さんの都合で、間に合わななくなるようなタイミングで、間に合わなくなるような仕様変更がされるのを見過ごしてはいけません。 そこがディレクターの頑張りどころです […]

秘密保持契約を守るために気を付けること

秘密保持契約書については、契約内容の確認も大事ですし、 秘密情報を守ってもらうことも大事です。 この記事では、ウェブディレクター目線で、秘密保持契約の締結後、どんなことに気を付けておくべきかを書きます。 契約内容をよく読みましょう。 秘密保持契約書(NDA契約書)は、最初に仕事をするときに交わします。 業務委託契約書にも、秘密情報の扱いについて書いてあるのが一般的です。 大きい会社から契約書を出し […]

契約書をデザイナーと交わすときは、クラウドサインを使うと楽ができます。

まだウェブディレクターさんの間では、クラウドサインの便利さが伝わってないので、 その便利さを改めてお伝えしようと思います。 その業務委託契約と秘密保持契約書の郵送、面倒ですよね? ウェブディレクターさんにとって、最もよく利用する契約書と言えば、業務委託契約と秘密保持契約書の2つですよね。 複数のお仕事をしながら、この2つの契約書を取り交わすのは、なかなかのストレスがかかります。 テンプレートから個 […]