ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

【アドラー心理学】完璧に生きるのではない

怒りは相手を支配するためのものであって、
「相手が悪いから」自分は怒ったのだという原因論、認知論は、アドラー心理学になじまない。

では、怒ったらいけないのか。

私はそうは思わない。

対話をするために怒らなければいけないときはある。
日本では少ないが、自分が有利になることを第一優先にする人はいるのだ。
いつでも、冷静に向かい合えるときばかりではない。
くじけそうなときは、怒ってアドレナリンを上昇させることで、対峙する勇気をもてるような状況こともある。

「誰にとっても」この生き方がいいという生き方はないのだ。

幅を持って、いつでも態度を変えられるという生き方が一番生きやすい。
怒り方を知らないのも不十分。
許し方を知らないのも不十分。
冷静さを持てないのも不十分。
一方的に話すのも、ずっと黙っているのも不十分なのだ。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学