NPO法人 女性・人権支援センター ステップへ見学に行きました。

NPO法人 女性・人権支援センター ステップへ見学に行きました。

9月に、安西光さんを通して、
Stalker Recovery Supportの守屋 秀勝さんとお知り合いになることができました。
守屋さんは、過去にストーカーだった経験から、
現在は、ストーカー行為の加害者、被害者を救済する活動を行っていらっしゃいます。
たくさんマスコミでも紹介されておりますが、過去に臆することなく、実名で登場されています。
とても勇気のある方です。

先週末、その守屋さんの紹介で、NPO法人 女性・人権支援センター ステップに伺い、
栗原加代美さんの「DV・ストーカー加害者更生プログラム」を見学させていただきました。

プログラムは毎週1回、2時間行われるようです。
1時間は参加者どうしで話すセミナーをやり、残りの1時間で気づきを語ります。

栗原さんのセミナーの完成度が高くて感銘を受けたのですが、
そのことを栗原さんに伝えると、
決まったテキストはなく、参加者の様子を見て、毎週作成されているとのことでした。
これには驚きました。

私はアドラー心理学をベースにしていて、選択理論心理学というものに、初めて触れました。
「すべての行動は自らの選択である」という考えは、アドラー心理学の目的論と同じに思えます。
ほかにも、言葉は違っていも共通する考えが多くありました。
願望のことを「上質世界」と表現されており、
癒しのためによい言葉だなあと思って、参加者の一人にそう伝えました。
元の言葉が知りたいと思ったのですが、”Quality World”
という言葉が元のようです。
あらためて、とても良い訳だと思います。

後半の1時間は、参加者のそれぞれが、1週間の気づきを話します。
内容については触れませんが、ここには「変わる」と決心した人がいる。
そう感じさせるお話しでした。

心理学カテゴリの最新記事