ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

全てにおいて勝とうとしないこと

ものごとをなんでも勝ち負けで考える人がいます。
勝とうとすることで人生に張りを感じている人です。
他の人と衝突することをなんとも思いません。

私の性格とは違いますが、その性格も否定しません。
世の中に必要な人です。
ただ、その人に一つ言うとしたら、「全てのことで勝とうとしないほうがお得ですよ」ということを言いたいです。

どんな人でも魅力的に見せる方法があります。
自分が持っている性格の、反対の気質に挑戦しようとすると、魅力的に見えます。
もともと気の弱い人は、堂々と喋ると魅力的に見えます。
もともと気が強く好戦的な人は、謙虚に振る舞うと魅力的に見えます。

そうしたら風貌が強面で、気の弱い私はどっちを目指せばいいのか迷いますけれども。

全てのことで挑戦的な姿を見せ続けることは、かえって魅力を減らします。
勝てない領域があることは、認めたくなくても自分では知っているはずです。
その領域で負けることは、魅力を増すことになります。
自己受容の心が必要とされるのです。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学