ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

すべての悩みは対人関係である

大ヒット作「嫌われる勇気」でインパクトが大きかったのは、
「なんて論理的で緻密に会話を進行する生徒さんなんだ!」
という驚きです。

それはさておいて・・・

「嫌われる勇気」で一番インパクトが大きいのは、
悩みは全て対人関係で、全人類がぱちんと消えて目の前からいなくなれば、それまでの悩みもなくなるというところです。

職場の対人関係について、「誰と接するか」によって態度が大きくかわる人が非難されることがあります。
しかし、まわりに誰がいるか、それによって態度が変わるのは当たり前なんですね。
誰が近くにいるかで、課題が変わります。
解決したい目的が変わるのです。
どの人が近くにいるかで、態度がコロコロ変わる人は、その時、その態度になる目的があるというわけです。

それはすべての人がやっていることです。
母親と会うとき、妻と会うとき、飼い犬と会うとき、赤ちゃんと会うとき、買物をするときの顔や声は、全部違って当たり前です。
どの顔が本当なんてありません。全体で

まあ、年上にニコニコして、年下を露骨に邪険に扱うような人は貢献感が低く、問題がありますね。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学