心に残るコピーが、救いになる。

NO IMAGE

糸井重里さんが、今後の糸井重里事務所・ほぼ日刊イトイ新聞の企業方針として、「夢に手足を。」という言葉を打ち出しました。企業コピーであり、会社のミッションステートメントであり、個々人の日々の仕事に対する希望の言葉でもあります。

複数の人間が共同で動いていくには、複数の思いをまとめ上げた言葉が必要だと思います。

私のように、どちらかというと感情よりロジックを重視する人にとっては、理論の破綻がないことが救いにつながるように思えます。しかし、矛盾が存在しないような理論を手にすることに、ゴールはありません。

救いは理論にはなく、適切な行動と、良好な健康状態のなかにあります。

そこまでつれていくための理論は、なんでもいいのです。

心に残るコピーも、適切な行動と、良好な健康状態を呼び込みます。

アドラー心理学も、「今、ここ」以上の優れたコピーがたくさんできるといいですね。

心理学カテゴリの最新記事