心理学

心に残るコピーが、救いになる。

糸井重里さんが、今後の糸井重里事務所・ほぼ日刊イトイ新聞の企業方針として、「夢に手足を。」という言葉を打ち出しました。企業コピーであり、会社のミッションステートメントであり、個々人の日々の仕事に対する希望の言葉でもあります。

複数の人間が共同で動いていくには、複数の思いをまとめ上げた言葉が必要だと思います。

私のように、どちらかというと感情よりロジックを重視する人にとっては、理論の破綻がないことが救いにつながるように思えます。しかし、矛盾が存在しないような理論を手にすることに、ゴールはありません。

救いは理論にはなく、適切な行動と、良好な健康状態のなかにあります。

そこまでつれていくための理論は、なんでもいいのです。

心に残るコピーも、適切な行動と、良好な健康状態を呼び込みます。

アドラー心理学も、「今、ここ」以上の優れたコピーがたくさんできるといいですね。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-心理学