お知らせ

役に立たない

乙一さんの書いた小生物語を読みなおす。

この本は私の読書経経験の中でも、「役に立たない本」のベスト3に入る。

役に立たないが本棚に残っていて、ときどき開いて読んでいる。

この本は乙一さんが若い時に書いたものだ。日記風にふざけた文体で書いてある。ウソも平気で書かれてある。本文より脚注が面白いのもふざけた感がある。

この本を、おじさんのわたしが読む。

おじさんになるとふざけたことを書く機会もへって、それだけじゃなく、書けなくなる。

ふざけた文体を書いたことのある人には、わかると思うけど、文章でふざけるのは、なかなか大変だ。

ふざけるっていうことは、見立てを変えることだ。見立てを変えるためには、いろんな記憶を引っ張り出してもってくる必要がある。普通に文章を書くよりエネルギーがいるのだ。

それをやれなくなることに、危機感がある。

そう書きながら、今もこうして、ちっともふざけてない文章を書いてしまった、と思うのだ。

まあ、ブログは信用もあるし、そうそうふざけられないから、ツイッターでは、なるべくふざけて書くようにしようと思うのだ。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-お知らせ